OmniCal

OmniCalはカメラを元にしたプロジェクターカリブレーションシステムで、disguiseに“見る”能力を与えてくれます。

OmniCal

投映のためのパワー

OmniCalはプロジェクターのカメラキャリブレーションシステムです。ステージの対応点を正確かつ素早くとらえて、サブピクセルの精度で調整可能です。

ストラクチャーライト

OmniCalは、ストラクチャーライトパターンを採用。投影面、プロジェクター、カメラ間を調整します。 キャプチャされた画像は、投影面の3D表現をポイントクラウドとして構成するために使用されます。

プロジェクターが移動した場合はワンクリックで再校正が可能。 メッシュデフォームツールがポイントクラウドのデータを通じて3Dモデルが現実の世界に当てはまるようにしてくれます。

スケーラビリティ

OmniCalは、最も複雑な設定でも、マッピングの品質とセットアップ時間を大幅に向上させることが出来ます。

360°プロジェクションマッピングの調整 - あらゆるスケールのショーに必要なスケーラビリティを実現します。

パワフルなハードウェア

強力なソフトウェアの鍵は、強力なdisguise OmniCalカメラハードウェアです。 ディスガイズソフトウェアと随時使用できるように事前に設定され、ライセンスが与えられています。

OmniCal ハードウェア

OmniCalはハードウェアオンソフトウェアソリューションです。2つの 使用可能なハードウェアキットがあります。iPod Touchを使用して移動中やクイックセットアップを行うワイヤレスキット、事前に設定されたイーサネットベースのマシーンビジョンカメラを使用するワイヤードキットがあります。 ハードウェアはソフトウェアとともに開発、テストされ、信頼性とユーザーの信頼を保証します。

OmniCal ワイヤレスキット

素早いセットアップ、調整が必要なプロジェクト向け、及び使用可能なスペースでの最適なビジビリティーを必要とするプロジェクト向けに設計されています。

OmniCal ワイヤレスキットは、トライポッド、スーパークランプ、マウンティングアクセサリーなどを含み、カメラの配置に完全なフレキシビリティーを与えるために、ケース内から使用されるオールインワンワイヤレスステーションです。

今すぐApp Storeで利用でき、OmniCal iOSアプリをダウンロード、プレビューし、ハードウェアとソフトウェアのマニュアルにオフラインアクセス出来ます。

使用後は、パックする前にiPod Touchはドック内に固定、充電され、移動中はしっかりと固定されています。

OmniCal ワイヤードキット

シアター、スタジアム、常設のスペースでマッピングを行うのに必要なものすべてを含めるように設計されています。

OmniCal ワイヤーキットには、スモールまたはラージサイズの2サイズがあり、フィルターとアダプター、6mm、8mm、12mmレンズを含む5MPマシーンビジョンカメラが含まれています。— 完璧なセットアップのカスタマイズが可能です。

各カメラにはライセンスが事前設定されておりdisguise  OmniCalソフトウェアと同時に使用することが出来ます。

OmniCal カスタムキット

OmniCal カスタムキットは、常設のマッピングの設置のために必要なものを正確に把握することが出来ます。

ケースサイズを選択してから、カメラの数とプロジェクトに必要なレンズを選択します。

フィルターとアダプター、6mm、8mm、12mmのレンズを含む、5MPマシーンビジョンカメラが選択できます。詳しくはスペックシートをご覧ください。

01

シミュレートカメラプラン

ステージでバーチャルカメラを使用して、カメラの配置をプランし、現場で一度カメラを配置するためのテストキャリブレーションを目視で行います。

シミュレートされたカメラプランの詳細はこちらをご覧ください。

02

カメラセットアップ

現場での確認後、実際のカメラは、RigCheck機能を使ったシミュレートカメラプランとマッチします。

ディスガイズOmniCalエディターは、露出設定のチェックと調整、ユニークネームによるカメラの識別、その他すべてのOmniCalカメラ設定も可能です。

カメラ設定の詳細についてはこちらをご覧ください。

03

キャプチャ

キャプチャは、ボタンを押すだけで1分以内に自動で完了します。

ストラクチャ・ライトパターンがプロジェクション面に投影され、カメラはパターンの画像を取得し、ポイントクラウドを作成します。

キャプチャが完了すると、ステージは自由自在で、残りのOmniCalセットアップはdesigner画面からリモートで実行できます。

キャプチャの詳細についてはこちらをご覧ください。

04

キャリブレーション

キャプチャされたポイントクラウド、カメラの相対位置、プロジェクター、およびレンズ組み込み関数が得られました。

ポイントクラウドで各プロジェクターのキャリブレーションエラーをピクセル単位で確認し、必要に応じて調整します。

キャリブレーションの詳細についてはこちらをご覧ください。

05

アラインメント

現実に投影面のワイヤフレームビューを整列させ、必要に応じて再シェイプポイントを追加してメッシュの形状を修正します。

カメラや投影面が動かない限り、アライメントを一度のみ行うだけです。

アラインメントの詳細についてはこちらをご覧ください。

06

メッシュデフォーム

ポイントクラウドからの奥行き情報を得て、disguiseのメッシュを変形させ現実の世界にマッチさせる最後の重要なステップです。

デモ動画

ダウンロード

OmniCal ワイヤー
OmniCal ワイヤー スペックシート ダウンロード – 222KB
OmniCal ワイヤレ
OmniCal ワイヤレ スペックシート ダウンロード – 206KB
designer
designer スペックシート ダウンロード – 591KB