会社 - 2018

disguise の最新リリース「r15」

disguise の最新リリース「r15」

受賞歴のあるソフトウェア r15 の最新リリース発表をいたします。

弊社の統合ワークフローソリューションdisguiseは、コンセプトからショータイムまで、あなたがどこにいても、ショーを視覚化、設計、およびシーケンス化するための究極のツールです。 新しいソフトウェアは、業界の今後の課題を考え、OmniCal、Lux、VR、プロジェクター研究用のヒートマップなどの新機能を導入しました。

r15はカメラベースのプロジェクターキャリブレーションエンジンで、複雑な設定であっても、投影品質向上させ、セットアップ時間を短縮できるOmniCalです。 OmniCalは、ステージのポイントクラウドを即座にキャプチャし、プロジェクターをサブピクセル精度に正確にキャリブレーションし、既存のサーフェスメッシュを実物と適合させることができます。 OmniCalは、段ボール箱~城まであらゆる物にLEDマーカーやセンサー使用せず投影できます。

OmniCalはハードウェアオンソフトウェアソリューションです。 使用可能なハードウェアキットには、iPod Touchを使用して移動中やクイックセットアップを行うワイヤレスキット、またはあらかじめ設定されたイーサネットベースのマシンビジョンカメラを使用する有線キットがあります。 ハードウェアとソフトウェア一緒に開発・テストされているため、 機能の安定性が高く、ユーザーが信頼して使用できます。

「r15の新しいマシンビジョンプラットフォームは、プラットフォームにとって大きな飛躍を遂げました。長い時間かけて開発していくプラットフォームの、新しい段階への最初の一歩です。」
disguise 創業者 Ash Nehru氏

Ash氏は続けて「今後開発で、アプリケーションが徐々にショー制作のすべての側面に広がり、セットアップスピードと機能の安定性が向上していくでしょう。」

また、r15のgoldはLuxステージビジュアライザーです。 Luxは、ルクス、ルーメン、NITSなどの単位を使用し、シミュレートグロー、カメラ露出、アンビエントオクルージョン、陰影などを技術的に有効で、芸術的にも魅力的なシュミレーションを実現します。Luxもプロジェクター研究用の光量のヒートマップを生成し、ユーザーが事前に定義された目標に対して光量を比較するPDFファイルを書き出すことができます。

Luxソフトウェアのアップデートの一環として、HTC ViveとOculus Riftプラットフォームの両方でVRサポートがGoldになる予定です。これで、クライアントをソファに座らせて、ショーの世界に引き込み心を掴むことができるでしょう。

次のプロジェクトにOmniCalを使用する場合は、Disguiseセールスチームまたはレンタルパートナーのコミュニティに連絡して、プロジェクトについてより詳しく話し合ってください。

詳細、最新のソフトウェアバージョンをダウンロードはdownload.disguise.oneをご覧ください。